UMPRUM (VŠUP) 留学について

私がUMPRUM(旧略称VŠUP)に留学して以来、そのことについて書きましたブログ記事を見てのことか、留学について質問がしたいという問い合わせを未だに定期的にいただいておりますが、そういうお問い合わせをする方のほとんどが用件が実に曖昧です。特に顕著なのが
・行くスタジオも決めてない
・決めるための下見に学校見学にも来ていない
・入学条件を大学のHPで調べたり大学に問い合わせたり、といった最低限の努力すらしていない
という、自分でできる基本的なことを何もしていない方が殆どでして、正直申し上げて大変困惑しております。
更には当ブログしか見ていないせいで私が今何をしているかも知らず、私のHPも見ていないようで本名すら調べずにアルファベットの宛名でメールをいただくこともあり、正直、正気を疑うレベルです。

UMPRUMに行きたいのであれば、言うまでもない当然の話ですが、まず大学に直接尋ねたり調べたりしてください。
コーディネーターのHanaがとても親切で返事もかなり早く、英語が堪能ですので、彼女になんでも聞くといいです。
https://www.umprum.cz/web/en/study/visual-arts-program
※このURLも変わってるかもしれませんが、Visual Artsという項目をご自分でお調べください。

また、大学の入学条件であれビザの条件であれ、毎年色々な条件がちょこまか変わります。
大使館ページも入試要項も、必ずその都度全部自分で調べて最新の情報を元に動くように気をつけてください。


調べ尽くしても分からないこと、大学や関係者に尋ねても答えてもらえなかった重要なこと、また私にしか答えられない質問内容だと思った場合のみ、メールをくださって結構です。ここまで調べたがここからがどうしても調べがつかず、留学のための準備が進められない、というように、必ず内容をはっきりさせ、私に聞く必要があるのかどうか確かめてから送ってください。
但し、自分が答える価値もいわれもないと判断した場合はお返事いたしません。
私はボランティアでも留学斡旋業者でも無料のコールセンターでもありません。私はフリーランスで忙しく、皆さんの最低限の努力すら果たされていない質問メールにお答えする義理も暇もありません。
ですので、上記のようなケースの全てに、今後は謹んで返答をお断りいたします。
どうぞご理解ください。



最後に。
本当に行きたいのかどうか、自分が行くに価するスタジオかどうかは、直接学校の展示発表会(学期末に年二回あります)を見に来たり、直接ポートフォリオを持ってアポ取って先生たちに会いに行ったりした方が、ここに来るぞ!と思えたり、ここだと思ったけど違うスタジオに惹かれたり、違う大学に行こうと思うなど、焦点もはっきりするでしょうし、気持ちが固まれば大変な留学準備も頑張れると思います。留学したいのなら必ずするべきステップの一つだと思います。
留学というのは、大変なものです。楽なことなど一つもありません。ただでさえチェコは情報が少なく、未だインフラの整わない部分も多く、気楽に来ても辛いだけだと思います。(旅行と住むこととは全く根本から違います。)食生活や住環境が合わず、身体を壊す人もいます。ましてやUMPRUMのようにマスターを取るために2年住むとなると、大変で当たり前です。分からないことしかないという状態がデフォルトです。
それでも来たいという気持ちが強いなら、その心に従うべきです。それに報いるだけのものは、必ず得られるはずです。
要は、自分自身の心としっかり向き合い、覚悟を決め、しかるべき準備は全て整えるという気概を持って臨むべきだということです。でないと、何かが起こったとき、誰も助けてくれないこともあるのですよ。
自分の決めた道なら自分で責任を取って前に進むというベーシックなことを、身につけてください。
これができていないと、個人主義のヨーロッパと全体主義の日本での根本的違いについていけないままになってしまうと思いますので…。頑張ってください。

Comments