【更新】チェコ渡航での手続きやらについて

楽しいチェコ暮らしのために必要なこと。何はともあれ…書類!!

学生ビザや、現地の銀行などでの手続き関係についてのメモです。
何かの参考になればいいのですが。


銀行について。2012年末のプラハにおいての、私の場合。

日本でシティバンクの口座を作りますと、世界中どこでもシティバンクのATMがあれば預金が下ろせます。手数料は一回の取引につき210円。その時の換算レートで換算されて、こっちの現地通貨で預金が引き出せます。あと足りなくなった時にご両親に日本から振り込んでもらう、なんていう場合でも、日本の銀行ですから普通の銀行との振込と同じような感じでできます。
ただ注意するのは「日本の」シティバンク銀行ですから、日本の銀行です。もし現地で他の国のシティバンクと振込をしようなんてすると、手数料が2500円だったかな、かかります。それはご注意。

ていうことは、こっちで家賃の振込やインターネットの支払いなんかをするには、やっぱりこっちの銀行口座を作らないとね。ということで、口座を作りに行きました。
その銀行で必要だったのは、二つの書類。パスポートと、永住許可証もしくは運転免許証。
私の学生ビザはこの場合全く意味がないわけで、じゃあってことで運転免許にしました。日本ので大丈夫なのです!(本当に免許はツヨい、とまさかの海外で実感しました…。)ただ、政府が認定した「公式翻訳者」の翻訳が必要です。日本の免許、こっちの人が読めるわけないですからね…。。
で、チェコ大使館公式翻訳者のリストは、私はプラハの日本大使館に行ったら貰えました。ただ、情報が古くて…。私の場合は必要だったのが年末でみんなお休みしてた時期でどうしようもなかったので、片っ端から連絡してみたんですが、もう廃業してやってません、なんていう人も数人おられました。奇跡的にやってくださる方が見つかって、本当に奇跡的になんとか間に合ったのですが、証明書に運転免許証を使いたい方は時間に余裕をもって翻訳者を探しましょう…!…でも料金は日本でチェコ語訳を頼んだ時の半額ぐらいでした。探す甲斐はあるかと思います。ご参考までに。。(仕事すっごい早かったし…!)

ちなみに、もう一つのKBという有名な銀行に行って聞いたときは、必要書類は「写真がついている三つの身分証明書」と言われました。具体的に聞くと、写真がついた学生証もOKだし、アパートとの賃貸契約書もOK(写真はないですけどね)、そして日本の運転免許証もOKだと言われました、読めなくても。何故なら、写真ついてるから…っていう。そっちの方が楽でしょうね。


チェコ渡航前に日本でビザを取得した時のこと。

私の場合はたまたま、渡航三ヶ月前というなかなか絶妙の時期にプラハに来る用事があって来てたので、こっちで保険と住居証明を取りました。

保険は、大使館がリストアップしてた五つのうちから近所にあった保険屋に友達と行って、一年間の保険をかけて書類もゲット。

住居証明は、六月末の時点で大学の寮に電話したら、もう殆どいっぱいだから急げと言われてすぐにアプリケーションをメールで送り、翌々日だかにアポイントが取れて事務所に直接行って、受け入れますということでその場で住居証明が出ました。日本にいて申し込むときは日本に郵送してくれるはずです。
寮には直接行ったので、部屋も見ることができました。かなり狭かったのですが、結果的には来たときにはもっと広い部屋が用意されててちょっとホッとしたのを覚えてます。変わる可能性はいろいろある。
それと、申込時の「寮に住む期間」は、最低でも半年は書きましょう。日本で出るビザは滞在最初の半年分なので、その分の証明が最低必要なわけです。但し寮はいつでも出れるし、住所が変わったらこちらの外国人警察に「住所変更登録」をしに行けばOKなので、全く問題なくいつでも好きな時に引っ越せます。というわけで、とりあえず半年とか一年とかの期間を書いて申し込みましょう。

ちなみになのですがチェコでは、英語が話せるはずの相手先に英語で書いたメールの返事が全然返ってこない…ということが、わりとあります。。残念ですが、かなりあります。英語のメールだとなおのことめんどくさいらしく(日本人が英語を読むときの抵抗感とほぼ同じです)、全然返ってこない。ので、急ぐ時はとにかくカタコトの英語でもチェコ語でもいいので、電話をかけてしまいましょう!

無犯罪証明書は、日本の現住所の警察で取得します。
私は東京都民なので、警視庁に行き、無犯罪証明書が必要なんですがと言ったら窓口へ連れていってくれました。別に悪い事したわけじゃないのにドキドキしました…(´▽`)
そこの事務所で書類書いたり指紋を取ったりして、またこの日に受け取りに来てくださいと言われるので(大体10日後ぐらい)その日に書類を取りに行き、その足で同じ永田町にある外務省の窓口へ行って「アポスティーユ認証」の申し込みをして、無犯証を預けます。で、翌日には出来上がり。

銀行の残高証明は、私の時は70万円以上が必要でした。シティバンクに入金し、英語で残高証明を出してもらって(最速で翌日とかには出たはず)、それをPDFでこれまた大使館がリストアップしてる翻訳業者さんに送って依頼するのですが、最初のメールで納期と、いくらぐらいかかるかを尋ねます。返ってきた内容で納得だったらOKで依頼します。私は7400円ぐらいかかったような気がします。中三日ぐらいでやってくださいました。警察の無犯証を待つ十日の間にやったので、早く感じました。
学校の受け入れ書類は、私の場合は大使館奨学金への応募の時に既に必要だったので、二月の時点で大学から送ってもらっていました。Study Confirmationね。あと一応奨学金の受け入れ書類も持っていきましたが、これはいらなかったような。気がしますが。覚えていない…。

で、書類が揃ったらいざ大使館。週に三日、二時間ずつだけしか開いてないのでご注意を…。
ビザ応募書類の書き方で分らないとこがいくつかあったので、私は事前に一度それを直接訊きに行きまして、これで大丈夫なはず!という状態で申請に行きました。
とにかく書類手続きの時は、想定されるありとあらゆる書類を持ち歩いといた方がいいです。

(ちなみにチェコ国内滞在中は、常にパスポートと保険のカードを持ち歩いて下さい。警察にパスポートコントロールで捕まると、最大2000コルナぐらい要求されるそうです。。)

私の場合は多分ビザ発給まで早かったと思う。一ヶ月ほどしたら、「ビザの準備できましたので保険を用意してお待ちください」とメールが来ました。既に保険は持ってたので、連絡したら、では週明けは用意できておりますので、とのことで、八月の終わりに既に手に入りました。友達が、急げ急げ!と助言してくれたおかげで、のんびりした性格の私でも間に合いました…。ありがたや。。

ビザ書類を集め始めてから、すごい頭を使って最速で準備しても丸一ヶ月かかったので、早めに始めて早く応募するに越したことはないです。




そして、現地でのビザの更新について。

最初の半年で、日本で出た最初のビザが切れますので、早めに次のビザの更新手続きをしましょう!3月で切れるはずですが、三ヶ月前から申請が可能なので、1月に入ったら書類揃え始めて提出に行くぐらいで全然大丈夫です。最長二年間分出せるそうなので、証明書、保険、住居証明を二年分とか、残りの滞在期間分(二年間の留学に行く人なら、残り一年半分というところですね)を一気に申請していいと思います。私の場合はまだ残りが分からなかったので、とりあえず一年更新をして、結局一年ごとに更新するペースになっています。ほんとは二年出たらめっちゃラクなんですけどね。。
更新に必要なものは、直接あなたのお住まいの地域担当の外国人警察に行って聞いたほうがいいです。毎回条件が変わるからです。例えば残高証明に必要な金額なんかは、私の経験では聞く度に変わります。確認した方がいいです。。そしてアプリケーション書類を貰ってきちゃおうという。
でもまぁ、基本的に必要なものは、顔写真、アプリケーション書類、銀行の残高証明、住居証明、保険、在学証明書。申請したい期間分を全てカバーしたものを持っていってください。

そして申請のタイミングですが、とにかく急がないとダメです。ビザの期限が切れる日の二週間前までに申請が終わっていないと、一度国外に出たりとかしないといけなくなり、無犯罪証明書も取らなくてはいけないし、もうとにかく大変です。。私の友達は、うっかりしてて、というか「二週間前まで」ということを知らなくて期限を一日だけ過ぎてしまい、一応書類はあちらが預かってくれたものの結局やっぱり差し戻されたそうで、とにかくお願いしますビザがないと!という嘆願書みたいなものを再度提出で今まだ様子見だそうです…。…でも10月までは少なくとも滞在できるそうです。……どうなってんの!?(´▽`)未だに分からないことばかりです。



とりあえず、こんな感じでしょうか。
とにかく基本は、更新や申請の時にきちんと条件を確認すること。言う事がコロコロ変わったりとかするので、とにかく「その時に」改めて確認しておいた方がいいです。同じだろうと思って行ったら「これじゃ足りないよ」とか言われることも多いので!要確認です。
健闘を祈ります!

Comments